HOME > 沿革

沿革

大正13年より受け継がれる、街とガラスへの想い。

創業時より受け継がれる、街と人の快適な暮らしへの想いと、最先端の技術に挑戦する情熱。
その原点は、創業時から変わらない「お客様の信頼に応えたい」という心です。

森硝子店の歴史

1924


森硝子店創業
初代 森 菊重(妙楽寺町12番地)


1945


福岡大空襲にて家屋、家財全部焼失
終戦後、森硝子店を再興


1955


北九州出張所開設(現:北九州支店)


1959


営業譲渡により昭和ハウス工業㈱を
関連会社とする。


1961


天神ビル施工


1964


法人登記。
株式会社森硝子店設立(博多区古門戸町)
二代目 森 忠重


1969


本社移転。博多区博多駅南3丁目18-4


1970


大阪万国博覧会にて、ケベック館施工


1975


長崎出張所開設(現:長崎営業所)


1977


宮崎出張所開設(現:宮崎支店)


1982


本社社屋を改築


1984


旭硝子㈱と特約店契約を締結。


1989


福岡タワー施工


1991


本社社屋を増築
三代目 森 重隆
森硝子店代表取締役社長就任


1993


福岡ドーム 施工


1995


シーホーク 施工


1998


トステム㈱(現:LIXIL)と特約店契約締結


2004


九州国立博物館 施工


2010


東京営業所開設(台東区上野)


2011


東京営業所移転(台東区東上野)
YKK AP MADOショップに加盟











ページの先頭へ

会社案内


このページのTOPへ

主要取引メーカー AGC 旭硝子 セントラル硝子株式会社 日本板硝子株式会社 LIXIL YKKap 3M BX文化シャッター 三和シャッター TOYOShutter