HOME > 建築・設計関係者様 > 施工実績 > 福岡大学病院

施工実績



福岡大学病院 施工時の記録

森硝子店でも前例のない、大面積カーテンウォール施工。

この建物において重要なポイントであり、高い品質の確保が求められる「大面積カーテンウォール」は、総面積1,600㎡の3層吹抜けという、森硝子店でも前例のないものでした。
現場の工期は短く、さらに破損した際に納期がかかるペアガラスを使用するので、スピーディかついかに破損させずに施工を行なえるかが課題となりました。



安全かつ効率的、新たなガラス揚重設備を開発。

森硝子店のカーテンウォール施工における破損の原因を調べたところ、搬入時にガラスの小口をカーテンウォールや足場に当てて破損する場合が多いことが判明しました。
そこで狭い箇所でも安定して搬入することができ、風などの影響も受けにくい揚重設備を新たに開発。その結果、ガラスの破損を最小限に抑え、安全かつスムーズに作業を行うことが出来ました。




実戦で活躍する新型ガラス揚重設備。


ガラス破損も少なく、スムーズかつ安全に施工できました。



カーテンウォールの他にも施設にはガラスが多用され、明るく、開放的な空間が出来上がりました。


スタッフのコメント

三室 貢  本社 工事部 1課

この現場はガラスを搬入する為の足場と躯体の間の距離が24cmと特に狭く、22mm(FL8+A6+FL8)のガラスをいかに破損せずに安定して搬入するかが課題でした。社内で検討を重ね、足場と躯体が狭い場合でも安定して搬入できる揚重設備を開発し、工期を遅らせることなく無事に施工が完了しました。


施工概要

建物名称福岡大学病院 新診療棟工事概要外装・内装ガラス工事
建物用途病院主な施工商品ペアガラス(FL8+A6+FL8)
建物構造RC造(一部SRC造 S造)/地下2階
地上7階 塔屋2階
施工数量約600枚(約1,600㎡)
※カーテンウォール部分
所在地福岡県福岡市城南区七隈工期2008年10月~2010年12月
竣工年月2010年12月  

ページの先頭へ

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

インターネットでのお問い合わせ


受付時間:平日 9:00~18:00(祝祭日・年末年始・夏季休暇等を除く)


このページのTOPへ

主要取引メーカー AGC 旭硝子 セントラル硝子株式会社 日本板硝子株式会社 LIXIL YKKap 3M BX文化シャッター 三和シャッター TOYOShutter